Dole Asia Holdings Pte. Ltd.(シンガポール、CEO:大谷俊一、以下「DAH」)は、100%子会社 Sierra Tropical Limited(シエラレオネ共和国、代表者:Kwame A. B. Wiafe、以下「STL」)を通じて、特定非営利活動法人 母と子の医療を世界に届ける会(理事長:平川英司、以下「IGPC」)と、西アフリカのシエラレオネ共和国にて一般外来及び、妊娠22週から出生後7日未満までの期間における総合的な医療(以下「周産期医療」)を提供する医療提携契約を締結しました。

フィリピン、タイに次ぐ第三のパイナップルの生産拠点として、DAHは2014年にシエラレオネにSTLを設立し、農園の開発を進めてきました。2022年4月より、米国・欧州向けのパイナップル加工品の生産を行っております。西アフリカの最貧国の一つであるシエラレオネは、医療インフラに課題があり、平均寿命は60.8歳(174位/183ヵ国)※1、人口1,000人当たりの医師数は0.1人(日本は2.6人)※2です。特に、同国全体の妊産婦死亡率は高く、10万出生あたり443人(日本は4人)※2です。

STLは、従業員および地域住民への医療提供を目的に、2021年4月に自社クリニックを設立しました。IGPCと提携し、現在、STL自社クリニックに日本人医師1名・看護師4名を派遣し、STLの従業員と家族向けに一般外来・周産期医療及び、シエラレオネLugbu郡47村を対象に周産期医療を提供しております。今般、IGPCとパートナーシップ契約を締結し、この取組をSTLの地域貢献活動における中核プロジェクトと位置付け、日本人医師・看護師の安定的派遣とハイリスク妊婦対応医療の提供、クリニックにおけるシエラレオネ医療人材の育成を通じた地域貢献を目指していきます。

Doleは、2020年に全社の経営指針であるDole Promiseを公表しております。Dole Promiseの1つである「共有価値の創造」は、事業活動を通じた社会的課題の解決を目指すものです。STLは、設立以来、コミュニティーの生活環境改善のため、周辺住民に対する稲作等農業支援・井戸掘削を積極的に取り組んできました。STLは、本取組を通じて、一層の地域の生活環境の改善に貢献し、現地から高品質なパイナップル製品を提供してまいります。

※1出典元:WHO “World health statistics 2022”
※2出典元:World Bank 2020


<スキーム図>



<STL自社クリニック写真>


<STL現地写真>

<STL会社概要>

<IGPC組織概要>